緊急避妊薬/モーニングアフターピルの通信販売・購入 | 婦人科・女性の病気治療薬の通信販売・購入・個人輸入代行はおくすり婦人


緊急避妊薬/モーニングアフターピル

緊急避妊薬/モーニングアフターピル/アフターピルとは?

何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために、緊急避妊薬(モーニングアフター・ピル)という薬があります。
このモーニングアフター・ピルには、2パターンあります。
1つは「緊急避妊薬」という薬で、レボノルゲストレルを有効成分とする薬(SOH-075)のことです。これは、フランスで開発され、「ノルレボ」という名で約60カ国で販売されています。日本でもノルレボ錠の名で販売されており、希望小売価格は1回(2錠)1万円前後。同剤は保険適用されないため、医療機関で自由に価格が設定できる。
もうひとつは、「モーニングアフターピル」と称し、緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)を服用するというパターンです。これには、製剤に含まれるホルモン量の関係から、低用量よりも中用量の経口避妊薬が使われることがあります。
なお、緊急避妊ピルは、着床成立前に避妊目的で服用する薬剤ですので、着床し妊娠が分かってから行う中絶とは全く目的が異なります。

緊急避妊薬の副作用は?

主な副作用はつわりのような吐き気や、生理痛のような腹痛。緊急避妊薬の方が、経口避妊薬で行う緊急避妊より副作用の発症は低いようです。
また、緊急避妊が失敗して妊娠したとしても、胎児には影響がないとの報告がなされています。理由は、妊娠時には身体から緊急避妊薬の10倍以上の女性ホルモンが分泌されるため。緊急避妊薬(経口避妊薬も同様)程度の女性ホルモン量では、胎児に与える影響はほとんどないとのことです。
緊急避妊薬は、あくまでも「緊急的な」避妊に用いる薬です。倫理的にも色々な側面があると感じておりますので、安易に用いず、普段から経口避妊薬や、コンドームなどの方法で避妊することが大切です。

緊急避妊薬/モーニングアフターピルの種類、医薬品一覧

成分・容量を必ずお確かめの上ご利用下さい。

ノルレボ(マドンナ/緊急避妊薬) ノルレボ(マドンナ/緊急避妊薬)MADONNA
緊急避妊薬(アフターピル)、避妊(バースコントロール)
レボノルゲストレル0.75mg
Levonorgestrel 0.75mg
D018  2箱(4錠)   2,600円(送料無料)
D007  4箱(8錠)   4,200円(送料無料)

緊急避妊薬/モーニングアフターピルの関連記事、商品

緊急避妊薬/モーニングアフターピルの服用方法・薬効・副作用について

当店のサービスは、お客様の緊急避妊薬/モーニングアフターピルの個人輸入を代行するものです。その為、各医薬品の服用方法、薬効、副作用、保存方法などについて 当店がお客様に指示を行う事は法律で禁じられています。これらの情報についてはお客様にて十分にご確認の上ご利用頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

体全体の症状
部位別症状
年代別

携帯・モバイルサイト
おくすりショップ携帯・モバイルサイト